トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

<ねえねえちょっと> カラスに餌をやる隣人

 「カラスに餌をやる隣人」(二月一日付)の困りババさんへ。

 私の隣人は、十匹以上の野良猫に餌をやっていました。「飼っているのですか?」と声をかけると「地域猫として飼っている」との返事で、「寿命は五年ほどだから我慢して」と言われました。本人は、慈善活動で正しいことをしているつもりなのです。ある日、うちの庭に七匹ほどが入り、ふんのにおいもして、我慢できなくなりました。近所の人と一緒に市役所や動物愛護団体など、あちこちに電話で相談しました。隣人に「家の中で飼ってほしい」と言ったところ、「今月中になんとかする」と前向きな返事が返ってきました。注意すると、逆上されるおそれがあります。あくまでお願いし、反応に感謝する姿勢だと前進します。なるべくたくさんの人を巻き込むといいと思います。=愛知・つきみそう(71)

    ◇  ◇

 うちの近くでも野良猫に餌をあげている人がいて、それをカラスが狙って集まってきます。注意すると、まるで私が冷たい人のような目で見られ、玄関先にごみが置かれたこともありました。近所の人だとなおさら言いづらいものです。新聞に投稿したり、役所や警察に相談したり、あきらめずに声を上げていくしかありません。=神奈川・南京豆(82)

◆老後の地方移住、コツは

 今は仕事と子育てのために都会暮らしをしていますが、老後はゆったりと家庭菜園などをして過ごしたいです。でも、なじみのない地域で知り合いもまったくいない中で、新生活をスタートさせるのは不安。地方に移住するべきか、今から迷っています。地方で暮らすメリットや、うまく地域に溶け込むコツなど教えてください。=東京・肩こり星人(46)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索