トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

完成度が高く大量生産されたスクーター 富士重工業 ラビット S−301A型(日)1961年式

写真

 S−82型の次期モデルとして企画されたS−301型ラビットは「性能、機能、外観ともに向上した軽量低価格に徹した実用車」を目指し、開発された。七・一馬力の二サイクルエンジン、オイルバス式、三速ミッション、大径のタイヤを採用した。デザインにはスバル360を手がけた佐々木達三氏も参画、開発に五年を要したといわれる。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索