トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

ダイハツにとって初めての軽乗用車  ダイハツ・フェロー スーパーデラックス(日)1967年式

写真

 ダイハツは、スバルやスズキに比べると軽乗用車への参入が遅かった。フェローは拡大する軽市場に向け、同社初の軽乗用車として一九六六年に開発、投入された。プリズムカットと呼ばれた箱型のボディーで、居住性とスタイルの両立を図った。車名は一足先に投入された小型車コンパーノと同じく、「仲間・同僚」を意味している。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索