トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

ポリエチレンをボディーに採用 軽量化 富士重工業 ラビット S−102型(日)1960年式

写真

 ラビットS−102型は、主力となる五〇ccの市場に向けて開発された。三・五馬力の二サイクルロータリーバルブエンジンに三段変速機を搭載。軽量化のため、ボディー全体に硬質ポリエチレン材料が使われた。サスペンションは前後共にゴムばね方式が採用された。セルフスターター付きモデルとキック式の二タイプが用意された。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索