トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

ワイドボディーを本格採用、4リットルモデルも トヨタ・クラウン8代目(日)1990年式

写真

 一九八七年に登場した八代目クラウンは、三リットルエンジン搭載のハードトップに、全幅を千七百四十五ミリに広げた幅広ボディーを初採用した。電子制御エアサスペンション、トラクションコントロールなど電子デバイスも積極的に採用した。八九年にはV型八気筒四リットルエンジン搭載車をセルシオに先行して追加し、エアバッグもオプションで設定した。 

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索