トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

軽快感を狙いデザイン一新したラビット 富士工業ラビット S−52型(日)1952年式

写真

 S−52型は、販売が好調なラビットの整備性向上のため開発された。ボディーを覆うカバーを除き、軽量化。従来の四サイクル二・五馬力一四七ccエンジンを、三馬力にアップし、最高速度は時速六十八キロを達成。前輪はテレスコピック、後輪はフレームの中にスプリングを内蔵する独特のサスペンション方式で、走行性能も実用性も向上した。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索