トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

小さくても本物の自動車のパイオニア オースチン・セブン ツアラー(英)1929年式

写真

 オースチン・セブンは一九二二年から三九年までの十八年間で二十九万台が製造された。外見は大別して三期に分かれ、この車は第二期のもの。当時、一〇〇〇cc以下の車は安価な造りで「サイクルカー」と呼ばれ、上のクラスの自動車と区別されたが、セブンは七四七ccでも一〇〇〇cc以上の自動車と同じ機能と居住性を備えていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索