トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

軽三輪をベースに積載量を拡大 マツダ・T600(日)1962年式

写真

 軽三輪トラックであるK360の荷台を延長し、小型車クラスにしたのがT600だ。エンジンは排気量を三五六ccから五七七ccに拡大し、出力を一一馬力から二〇馬力へとアップ、最高速度は時速七十五キロをうたっていた。最大積載量が三百キロから五百キロに拡大された荷台は、幌(ほろ)型やトランク型のほかにライトバンタイプもあった。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索