トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

軽トラック初のキャブ・オーバー型 くろがねベビー KB360Vライトバン(日)1962年式

写真

 「くろがね」は当館の目玉「九五式くろがね四起」を造ったメーカーだ。「くろがねベビー」は一九五九年から製造され、軽自動車では初めてのキャブ・オーバー型。リアエンジンは床下に置かれた。トラックの「キャリー」からほろ付きの「コマーシャル」、「キャンバスワゴン」、フルボディーの「ライトバン」などの種類があった。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索