トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

本丸ビュー

 かつて小松市中心部にあった小松城。明治時代に取り壊されたが、小松高校グラウンド脇に天守台跡があり、石垣が残っている。そんな史跡を眺められる「本丸ビュー」と名付けられた場所がある。

 近くを流れる梯川の土手に上がると、家々の合間を縫って石垣が姿を現す。加賀藩三代藩主前田利常は、茶室風の風情あるやぐらを建てていた。どんな城だったのか、自然と想像が膨らむ。

 名付け親は、城跡巡りの地図を作っている歴史愛好団体「楽 ラ ストーリア ローカレ」。金沢市在住の六人が、魅力的な散策ルート発掘をと周囲を歩いた。県外出身者もいる。代表の安藤竜さん(44)は「よそ者だからこそ、地域ならではの魅力に気づけるのかも」。新聞記者にとって転勤は宿命。私もそうありたい。 (長屋文太)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索