トップ > 石川 > 3月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

消防署と5分団 消火、救助を訓練 能登町内浦地区

放水をする訓練の参加者ら=能登町松波で(同町提供)

写真

 能登町内浦地区消防団の火災防御訓練が、同町松波の児童館「まつなみキッズセンター」一帯で行われた。五消防分団と能登消防署内浦分署の計五十人が参加し、消火や救助活動の連携を確認した。

 センターで火災が発生し、一人が建物内に取り残された状況を想定。署員らが迅速に救出活動をした後、団員らがポンプ車から中継を受けて一斉に建物に放水した。

 町消防団の新谷正仁副団長は「救助、消火とそれぞれに有意義な訓練だった。団員一人一人が今後も高い防災意識で活動に臨んでほしい」と講評した。 (加藤豊大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索