トップ > 石川 > 2月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

安全啓発オブジェ 大聖寺署に寄贈 加賀安協の田中さん

竹で作った交通安全のオブジェを寄贈した田中宏造さん(左)=大聖寺署で

写真

 加賀市交通安全協会顧問の田中宏造さん(75)が十三日、竹で作った交通安全啓発のオブジェを大聖寺署に贈った。

 竹のオブジェは高さ二メートルで、「心」「交通安全」の文字が表面に彫ってある。正月に署前に飾られた門松の竹を再利用し、オブジェの中の発光ダイオード(LED)電球を点灯すると、文字が浮かび上がる。

 田中さんは竹細工が趣味で一昨年にも自作のオブジェを寄贈した。嶽昭男署長は県内で死亡事故が多発していることに触れ「来庁者の皆さんに安全意識を高めてほしい」と願った。

 (小室亜希子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索