トップ > 石川 > 2月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

交流カフェ 親子に安らぎ 白山のこども園開催 情報や悩み共有

子どもを連れて、お茶を飲みながら交流する母親ら=白山市西南部児童センターで

写真

 白山市源兵島町のいしかわこども園が開く子育て世代向けの交流会「Nico(ニコ) Cafe(カフェ)」が、地域のパパやママの息抜きの場となっている。お茶を飲みながら子育ての悩みを共有するだけでなく、同世代のコミュニティーを広げる場にもなっており、周辺市町からも参加者が増えているという。(都沙羅)

 カフェは毎月一回、こども園に隣接する市西南部児童センターで開催。十二日には同市や金沢市、野々市市から親子二十五組が参加し、地域ボランティアが作った蒸しパンを食べながら交流した。

 幼児の離乳食や、子どもを一人で遊ばせる方法などについて参加者同士が談笑しながら情報交換した。二児の母で、カフェの常連という酒井優衣さん(25)=白山市福留南=は「アットホームで遊びに来やすい。連絡先を交換しているママたちもたくさんいる」と話していた。

 カフェは、こども園を運営する社会福祉法人いしかわ福祉会が昨秋、スタート。これまでも「にこにこ広場」として地域の親子の遊び場をつくってきたが、日々、子育てや仕事を頑張る親がリフレッシュできる場を設けようと、飲食の提供を始めた。

 今後は、カフェでの雑貨販売やマッサージ会などイベント内容を充実させる。こども園の荒井美子園長は「お店でランチをするよりハードルが低い。親がほっとできる場になれば」と話している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索