トップ > 石川 > 1月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「地元愛」走って最年長に 1区・五島 大学生最後

2区の戸部千晶選手(左から3人目)にたすきをつないだ1区の五島莉乃選手(右)=京都市内で

写真

 「負けたくない」。エースがそろう1区で、スタートから先頭にぴったりつき、粘り強い走りを見せた五島莉乃選手。「それが私の持ち味なので」。レース後、爽やかに笑った。

 大学生として最後の駅伝。四回目の1区は過去最高のタイムで締めくくった。「高校二年の全国高校駅伝で出した1区のベストより速かった。チームの流れをつくれたと思う」。胸を張る、納得の走りだった。

 金沢市出身。都道府県対抗駅伝は星稜中二年から毎年出場してきた。当時は最年少だったが、チームを引っ張る最年長に。故郷を離れた今も、この大会は「地元愛を感じる」という。

 大学一年の時、思うような走りができず、「やめようと思ったときもあった」。励ましてくれたのは、石川で陸上を指導してくれた恩師たち。気持ちを切り替えることができ、以降は記録を伸ばした。全日本大学女子選抜駅伝では、2区の区間記録を二年続けて更新した。

 四月から資生堂に入り、実業団チームで戦う。「求められるものは今より大きくなる。五輪や世界陸上に出場し、世界で活躍できるような選手になりたい」。夢に向かって走り続ける。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索