トップ > 石川 > 12月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

事故に気を付け 児童見守り 大浦小スクールサポート隊訓練

スクールサポート隊に見守られながら横断歩道を渡る児童たち=金沢市木越で

写真

 金沢市大額で乗用車が歩道に乗り上げ、女子児童と見守り隊の男性がけがをした事故を受け、同市大浦小学校のスクールサポート隊が二日、金沢東署員の指導のもと安全対策を確認した。

 大浦小スクールサポート隊の十三人が参加。金沢東署の加茂秀樹企画係長から「交差点では車が止まるのを確認してから、子どもたちを渡らせよう」「子どもばかりに目をやるのではなく、自身の左右後方に気を付けないといけない」といった注意点を聞いた。児童の下校時間に学校近くの交差点で実践した。

 隊長の平寿彦(たいらことひこ)さん(72)は「自分の身も子どもも守るために緊張感を持って取り組みたい。皆さんには子どもを見かけたら特に安全運転を意識してほしい」と語った。

 先月二十五日の同市大額での事故を受け、大浦小では、車道から離れて歩くなどの事故防止を児童に指導したという。村本治男校長は「登下校は学校が全てをカバーできないので、見守り活動をしてくれる人に感謝したい」と話した。(戎野文菜)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索