トップ > 石川 > 10月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

金沢学院大 神宮大会へ 北陸勢初 3連盟王座決定戦V

延長10回サヨナラ勝ちで明治神宮大会出場を決めて喜びを爆発させる金沢学院大ナイン=小松市の弁慶スタジアムで

写真

 大学野球の明治神宮大会出場権を懸けた東海地区・北陸・愛知三連盟王座決定戦(中日新聞社後援)の決勝が二十八日、小松市の弁慶スタジアムであり、金沢学院大(北陸二位)が中京大(愛知一位)に5−4で延長十回サヨナラ勝ち。十九年ぶり二回目の神宮大会出場を決めた。三連盟による王座決定戦は今回が十五回目で、北陸勢の優勝は初。(小坂亮太)

 金沢学院は一回、出島史也選手(四年)の中前適時打と敵失で2点を先制。3−3の九回に1点を勝ち越されたが、その裏に押し出し死球で追いつき、延長十回1死満塁から犬飼康太郎選手(三年)の犠飛で試合を決めた。

 神宮大会は十一月十五日に開幕し、決勝は二十日。金沢学院は十六日午後一時半から九州産業大(九州三連盟代表)と一回戦を戦う。

 高校の部には、星稜が北信越地区代表として出場。十五日午後一時半から四国地区代表(未決定)と一回戦を戦う。 

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索