トップ > 石川 > 10月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

昆虫館キャラ「むし太郎」全国3位 博物館投票

新デザインで票数アップ

写真

 白山市の県ふれあい昆虫館の公式キャラクター「むし太郎」が、全国の博物館施設のキャラクターが人気を競う投票企画「ミュージアムキャラクターアワード」にエントリーし、昨年に続いて今年も三位に選ばれた。

 エントリーは二回目で、集まった票数は一万一千七百五十二票。五十以上のエントリーがあった中で順位は前年と同じだったが、票数は五千票以上多かった。

 むし太郎はカブトムシの角のような髪形が特徴の妖精で、二〇一七年十月に斉木亮太学芸員が考案した。このデザインを基に、同僚の林和美学芸員が描いた絵柄で今年はエントリー。むし太郎が世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブト」とともに「一番」と左手を上に上げている=イラスト、同館提供。

 応援メッセージも「昨年より男前になっていますね」など多数寄せられた。

 斉木学芸員は「票数が大きく伸びたのは、むし太郎の認知度が高まった証拠だと思う。みんなに愛されるキャラクターになっているのだと実感できてうれしい」と話している。同館のエントランスに賞状が展示されている。(鴨宮隆史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索