トップ > 石川 > 10月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

季節の足音 秋冬ダイコン JAはくいそさい部会 初出荷迎える

初出荷を迎えた秋冬ダイコン=羽咋市中川町のJAはくい園芸総合集出荷場で(JAはくい提供)

写真

 JAはくいそさい部会は九日、秋冬ダイコンの初出荷を迎え、羽咋市中川町のJAはくい園芸総合集出荷場で選別された。

 十一月上旬までに、関西地方向けを中心に十一キロ入りで六万六千七百箱の出荷を目標とする。

 スイカの後作として、いずれも市内で砂丘地の新保町と粟生町、赤土の滝谷町と柴垣町の四地区で生産している。初日は、生産者一軒が、五百箱を出荷した。

 山上康部会長(56)によると、八月上旬に種まきした分は、気温が高かった影響で多少生育にばらつきが見られるものの、中旬の分は順調だといい「鍋物、煮炊きには最高」と話している。

 作業では、平昭七記念財団から、大根洗浄計量自動ライン二機が貸与された。 (林修史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索