トップ > 石川 > 9月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

秋の虫どんなのかな? 昆虫館で17種類紹介

飼育ケース内の昆虫を観察する子ども=白山市の県ふれあい昆虫館で

写真

 白山市の県ふれあい昆虫館で十一日、「秋にみられる虫たち」展が始まった。十二月二日まで。

 昆虫を生態展示する館内の「むしむしハウス」で、スズムシやコオロギなど十七種類の秋に見られる昆虫を展示。そのほとんどは同館屋外にある野外生態園で取った昆虫になる。

 スズムシやエンマコオロギなどは上が開いた飼育ケースで展示して手で触れるようにしている。簡易暗室も設置し、夜行性のクツワムシの鳴き声を楽しむことができる。昆虫は期間中、随時入れ替える。同館の林和美学芸員は「展示を見て姿を確認した上で、生態園で昆虫を探してもらえれば」と話している。(鴨宮隆史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索