トップ > 石川 > 8月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

インカム導入 小松の施設

介護効率向上

インカムを使って職員同士でやりとりする職員=小松市岩渕町で

写真

 小松市岩渕町の介護老人保健施設「グリーン・ポート小松」が職員同士の連絡手段として、ヘッドホンと小型マイクがついた無線機「インカム」を導入した。両手が空くため作業効率が上がり、職員同士のコミュニケーションも密になると職員から好評という。

 インカムは、ボタンを押してマイクに口を近づけると、チャンネルを合わせてある全員に声が届く仕組み。携帯電話だと、片手がふさがるので、作業の中断を余儀なくされたり、応援を呼ぶ時、職員を探し歩くのに時間がかかったりしていた。職員の負担軽減のため施設は七月中旬、インカムを三十六台導入した。

 導入から約一カ月たち、利用者の転倒時などにすばやく応援を呼べるようになった。若手職員は、インカムを通じて先輩職員に気軽に質問できるようになり、少し離れた距離にいる職員と、大声を出さなくても会話ができ、フロアが静かになった。南加賀地区の介護施設や病院でインカムを使うのは珍しく、他の病院からの視察も来ているという。下山豊一事務長は「デジタル機器を通じて仕事の効率化を図ることで、職員の負担軽減につなげ、利用者に還元できたら」と話している。 (長屋文太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索