トップ > 石川 > 8月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「小松基地空上(からあ)げ」東京進出 県アンテナショップ 2日間限定で好評

店頭で空上げをPRする中出暁史さん(左)と金田奈津代さん=東京都中央区で(金田奈津代さん提供)

写真

 小松市の航空自衛隊小松基地が開発し、市内の飲食店が独自に味付けして販売している地域グルメ「小松基地空上(からあ)げ」が十七、十八両日、東京都にある県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」で限定販売された。小松基地空上げ普及会議によると、昨年九月の発売以来、市外での販売は初めて。

 同市龍助町の中出精肉店の中出暁史さん、同町のカフェ「こまつ町家文庫」の金田奈津代さんが店頭に立った。アンテナショップの調理場で空上げを揚げ、二日間で二百食を売った。中出さんによると、多くの空自隊員や石川県出身者が話を聞き付けて来店した。イートインスペースで、ビールを飲みながら空上げを味わう人もいた。

 中出さんらは、九月に開かれる小松基地の航空祭や町家が立ち並ぶ小松の町並みを来店客に宣伝したという。「おいしいと言っておかわりしてくれる人もいた。小松のPRをすることもできた」と話していた。

 空上げは、全国の空自基地が地元の名産品などを使って考案している。小松基地の空上げには、小松市産の塩こうじ、酒かす、米粉が使われている。 (長屋文太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索