トップ > 石川 > 7月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

作業療法士 親子で体験を 寺井で27日、参加者募集

昨年8月に開かれた作業療法士の体験会で、カレーを作る親子=金沢市で(県作業療法士会提供)

写真

 小学4〜6年生と保護者向けの作業療法士の仕事体験会「作業療法士deクッキング」(北陸中日新聞後援)が27日午前10時から、能美市寺井地区公民館である。県作業療法士会の主催で、参加者を募集している。

 作業療法士は、病気やけがで、体が不自由になった人が再び日常生活を送れるように支援している。体験会では、児童は作業療法士役、保護者は片腕を三角巾で固定し、半身まひの患者役として、カレーライスを作る。片腕だけでも安全に包丁を使い、具材を炒める方法を児童に考えてもらう狙いがある。

 県作業療法士会の合歓垣(ねむがき)紗耶香理事は「患者が社会復帰するのを間近で助けられるのが作業療法士のやりがい。こんな仕事もあると子どもたちに知ってほしい」と話している。

 参加費無料。申し込みはmurata-a@katsuki-g.comにメールを送る。先着順で定員に達し次第、申し込みを締め切る。(長屋文太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索