トップ > 石川 > 5月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

金沢工大生発ゲーム SDGs学ぶ切り札に 要望受けネットで発売

カードゲームをPRする島田高行代表(左)ら=野々市市の金沢工業大で

写真

 金沢工業大(野々市市扇が丘)の学生団体が作った「SDGs(エスディージーズ)カードゲーム」が、「THE SDGs アクションカードゲーム X(クロス)」として、インターネットのサイトで今月、販売が始まった。国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」について、楽しみながら学ぶことができる。(吉田拓海)

 ゲームでは、目標の達成に向けて課題になりそうなことが書かれた「トレードオフカード」と、問題解決の手段を記した「リソースカード」各三十四枚を使う。提示されたトレードオフカードに対し、参加者が配布されたリソースカードを使って解決策を考え、発想力を競う。

 ゲームは同大の学生団体「SDGs Global Youth Innovators(グローバル ユース イノベーターズ)」が開発。昨年九月から同大のホームページでカードを無料公開していた。製品化の要望が多かったことから、インターネットを通じたクラウドファンディングで資金を集め、発売した。

 共同開発したデザイン会社「リバースプロジェクト」(東京都)のサイトで購入できる。価格は税込み二千七百円。学生団体の島田高行代表(22)は「Xで発想力を身に付け、若者が身近な問題に取り組むきっかけにしてほしい」と話す。

 同団体は、白山市の課題や特徴をゲームに取り入れた「白山手取川ジオパーク版」も開発している。英語版やベトナム語版も完成させており、各国が抱える問題をゲームに取り入れ、海外への発信を目指す。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索