トップ > 石川 > 5月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

食品ロスなくそう 食べきり推進店 市が登録開始

食べきりを推進する店に掲げるステッカーなどのグッズ=金沢市役所で

写真

 食べ残しなどによる食品ロスを減らすため、金沢市は、削減に取り組む飲食店を「いいね・食べきり推進店」として登録する制度を新たに始めた。飲食店で食品ロスへの問題意識を高め、市民への働き掛けにつなげる。本年度中に百店舗の登録を目指す。

 対象となるのは飲食店や、宴会場などがある宿泊施設。小盛りメニューの設定や客が苦手な食材を抜くこと、宴会での適量注文の呼び掛けなどに取り組む店に登録証を交付する。推進店を示すステッカーや啓発シールも配り、店で活用してもらう。

 今後は関係団体を通して、店に登録申請を促す。市環境政策課の担当者は「市民に食品ロス削減を意識してもらうことで、家庭での生ごみも減らしてほしい」と話している。(問)同課076(261)7755(堀井聡子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索