トップ > 石川 > 5月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

宇ノ気中生 小さい子の世話 ジュニアボランティアサークル

自己紹介をする宇ノ気中の3人(右奥)=かほく市宇野気で

写真

 かほく市宇ノ気中学校一年の男子三人が、学校近くの宇ノ気学童保育クラブで、子どもたちに絵本の読み聞かせなどの世話をした。市内の中学校三校の生徒からなるジュニアボランティアサークルの活動の一環。

 三人はクラスメートの進藤直柔さんと木谷幸喜さん、鮒田宙樹さんで、いずれも活動に参加したのは初めて。進藤さんは小学生当時、長期休みの際に同クラブに通っており「小さい子の世話が好きなのでやってみようと思った」と話した。

 宇ノ気中では、生徒二十五人がサークルに登録。部活動が休みの日などに市内の福祉施設などへ出向いている。(島崎勝弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索