トップ > 石川 > 4月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

健康マージャン大会 94歳の新保さん優勝 第1回北陸中日新聞杯

優勝し、賞状を受け取る新保外美子さん(中央)=中日新聞北陸本社で

写真

 「第一回北陸中日新聞杯 健康マージャン大会」(北陸中日新聞主催)が二十一日、金沢市駅西本町の中日新聞北陸本社で開かれた。最年長の九十四歳で参加した同市の新保外美子さんが優勝した。

 健康マージャンは「たばこを吸わない」「酒を飲まない」「金を賭けない」という三つの決まりを守り、楽しむためのスポーツゲームで、ねんりんピックや国民文化祭の競技にも採用されている。近年は女性の参加者も増えているという。

 大会には八〜九十四歳の百人が参加。「ロン」などと声に出して楽しみながら優勝を争った。新保さんは「偶然勝てただけ。マージャンが元気の源になっている」と話した。

 日本麻雀連盟県本部の若林昇本部長(84)は「地域や世代を超えて交流できるところがいい。家から出るきっかけに健康マージャンを始めてみて」と話した。 (小川祥)

 ◇他の入賞した皆さん (2)吉田由香里(加賀市)(3)大野友治(小松市)(4)高沢昇(金沢市)(5)野村茂(富山県小矢部市)(6)谷直人(金沢市)(7)渡辺裕司(能美市)(8)脇坂悠馬(野々市市)(9)北勝彦(同)(10)表明美(金沢市)▽最年長者賞 新保外美子(金沢市)▽最年少者賞 新谷千夏(金沢市)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索