トップ > 石川 > 3月23日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

「スズ弁」地物たくさん 珠洲商議所でお披露目会

「スズ弁」を試食する泉谷満寿裕市長(右)ら=珠洲市飯田町で

写真

 珠洲市のNPO法人「能登すずなり」の「スズ弁」お披露目会が二十一日、同市飯田町の珠洲商工会議所会館であった。

 「スズ弁」作りは、二〇一七年秋に催された「奥能登国際芸術祭2017」で、飲食が課題の一つとなったことから、市内の飲食に関する機能の強化を図る取り組みの一環として着手。消費者アンケートなどを踏まえて完成させた。

 「スズ弁」は、三種類のおにぎりと、豚をいしるとこうじで漬け込んで焼いた「のと豚のいしる焼き」や「かじめと油揚げの甘みそ煮」「いもだこ」など地物野菜や魚介類の料理を盛り込んだ。

 お披露目会では、「能登すずなり」の重政靖之理事長や泉谷満寿裕市長、奥能登国際芸術祭関係者ら十八人が出席して試食し、「おいしい。上出来だ」と笑顔をみせた。「スズ弁」は、四月二十八日に野々江町の「道の駅すずなり」で催される周年祭で、一個八百円(税込み)で販売開始予定。 (近江士郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索