トップ > 石川 > 3月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

石川

福祉仕事の現場 施設代表が語る 翠星高

速水健二さん(右)から福祉の現場についての話を聞く生徒たち=白山市の翠星高で

写真

 白山市の翠星高校で八日、二年生が福祉の仕事の魅力を学ぶ授業があった。障害者施設などで働く職員の話を聞き、仕事への理解を深めた。

 生物資源コースの約二十人が出席。金沢病院付属介護老人保健施設(金沢市沖町)で主任介護福祉士として働く北川裕美さん(38)、社会福祉法人仏子園(ぶっしえん)の福祉施設「ビーズ行善寺」(白山市北安田町)の代表速水健二さん(42)が講師になり、高齢者や障害者の介護の現場について説明した。

 速水さんは、障害者や高齢者といった枠組みをなくそうとする施設の取り組みを紹介。「施設では、障害のある人もない人も一緒に過ごしている」と説明し、生徒たちは興味深そうに聞いていた。

 笠間優香さん(17)は「福祉の勉強をしている自分にとって、現場を知る機会になって良かった」と話していた。 (都沙羅)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索