トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段、羽生九段破る 王位リーグ初戦

羽生善治九段(左)に勝ち、対局を振り返る藤井聡太七段=18日夜、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市=が十八日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であった「第六十一期王位戦」(中日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ白組の初戦で、棋界第一人者の羽生善治九段(49)と対局した。藤井七段は百十三手までで羽生九段に勝ち、初のタイトル挑戦に向けて好スタートを切った。

 藤井七段が同リーグに進んだのは初めて。また羽生九段にとっては、前人未到のタイトル獲得通算百期の大台を狙う重要な棋戦となる。両者はこれまでに公式戦で二度戦い、藤井七段が連勝している。

 対局は、持ち時間が各四時間。藤井七段が先手で、角換わり腰掛け銀の戦型になった。藤井七段は中盤の角切りから攻め込み、難解な終盤戦に突入。最後まで攻め手を途切らせず、羽生九段を投了させた。

 終局後、藤井七段は「羽生九段との対戦なので非常に楽しみで、集中して臨めたらと思った。白星でスタートできたのはよかったが、これからまだまだ続くので、しっかり気を引き締めたい」。羽生九段は「藤井七段とはなかなか対戦する機会がないので楽しみにしていた。次から新たな気持ちで臨む」と話した。

 王位戦は八大タイトルの一つ。挑戦者決定リーグは予選トーナメントの優勝者八人とシード棋士四人の計十二人が、紅白の二組に分かれて五局ずつ対戦。各組のトップが木村一基王位(46)への挑戦権を懸けて、一番勝負を行う。

 挑戦者は五月中旬に決まる見通し。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索