トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

依田九段に6カ月対局停止処分 日本棋院

 囲碁の日本棋院は十二日、トップ棋士の依田紀基(よだ・のりもと)九段(54)が、棋院の関係者や棋士への中傷を繰り返したなどとして、六カ月の対局停止処分とすると発表した。処分は同日付。

 棋院によると、依田九段は昨年六月以降、ツイッターやメールで、特定の棋士や関係者が「棋院を牛耳っている」などと発信。棋院は「事実無根」として警告書を出したが、その後も発信を続けた。依田九段は、この日の処分を受けて「到底承服しかねる。処分通知が届き次第、法的措置も含めた対応を検討する」とコメントした。依田九段は名人や碁聖など、七大タイトルを通算十二期獲得したトップ棋士。十三日には第四十六期天元戦(本紙主催)の本戦一回戦を戦う予定だったが、不戦敗となる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索