トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山裕太三冠が9年連続で首位 日本棋院賞金ランキング

 囲碁の日本棋院は、二〇一九年の賞金・対局料ランキングを発表し、井山裕太三冠(30)が一億八百二十五万円で九年連続のトップとなった。

 二位は芝野虎丸(とらまる)二冠(20)の六千七百六十六万円で、三位は一力遼八段(22)の三千六百八十四万円。女性のトップは藤沢里菜女流立葵杯(21)の二千六百五十九万円で、全体の五位に入った。二位の上野愛咲美(あさみ)女流本因坊(18)は二千七十七万円で全体の九位。

 井山三冠は昨年、十段と王座のタイトルを失ったが、棋聖、本因坊、天元を防衛した。芝野二冠は昨年十月に名人を獲得して史上最年少の七大タイトル保持者になり、その後、王座も奪取し二冠となった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索