トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

菫初段が初戦突破 囲碁・碁聖戦予選

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)は三日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第四十六期碁聖戦の予選C一回戦で梁川裕政七段(57)に勝ち、初戦を突破した。プロ入りからの通算成績は、十九勝十二敗になった。

 碁聖戦は七大タイトル戦の一つで、仲邑初段は同棋戦初出場だった。対局は持ち時間各三時間で打たれ、仲邑初段が白番七目半勝ちした。仲邑初段は「今日は力を出せました」と話した。

 碁聖戦は予選Cから順に予選B、予選Aを勝ち上がれば、タイトル保持者への挑戦者を決める本戦トーナメントに進出できる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索