トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

井山天元が最終局制して5連覇 名誉天元に

5連覇を達成し対局を振り返る井山裕太天元=18日午後、徳島市で

写真

 囲碁の第四十五期天元戦五番勝負(中日新聞社主催)の第五局は十八日午前九時から徳島市の徳島グランヴィリオホテルで打たれ、午後五時三十六分、井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=が挑戦者の許家元八段(21)に二百三十四手までで白番中押し勝ちし、対戦成績三勝二敗で五連覇を達成、名誉天元の称号を得た。

 井山は二年連続でフルセットを制し、天元獲得は通算八期に。また名誉称号は本因坊、碁聖、棋聖に加えて四つ目となり、歴代の単独最多となった。今年は四月に十段、十一月には王座を失い、五冠から三冠に後退していたが、天元を防衛して踏みとどまった。

 許は、天元獲得の最年少記録の更新がかかっていたが、一歩及ばなかった。

 いやま・ゆうた 1989年、大阪府東大阪市生まれ。石井邦生九段門下。12歳でプロ入り。2016年に史上初の七冠同時制覇を果たし、17年に2度目の七冠同時制覇を達成。18年、将棋の羽生善治氏とともに国民栄誉賞を受賞。七大タイトルの通算獲得数は46期。

天元戦第5局投了局面=黒・許家元八段、白・井山裕太天元

写真

◆最終局は死闘に、井山が底力

 死闘を制し、三冠を堅持−。十八日に徳島市で打たれた第四十五期天元戦五番勝負(中日新聞社主催)の最終第五局。井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=は、第一人者ならではの勝負強さを発揮して、許家元八段(21)の挑戦を退けた。

 囲碁史に残る二度目の七冠同時制覇から二年あまりで四冠を失ったが「最近の調子は悪くない」と語る通り、今年最後のタイトル戦をしっかりと防衛した。

 井山の五連覇か、許が最年少で天元獲得かと注目を浴びた本局。終局後に井山が「難しかった。分からなかった」と首をかしげるほど難解な激戦となった。

 右上一帯から競り合いが始まり、白番となった井山が白54(16十一)から先着して有利な展開に。しかし右下の黒を取りにいった白106(18十五)が疑問手となる。

 許に黒109(16十三)と切断され、中央白の一団が危険になった。許は上辺白を攻めた後、中央白に襲いかかったが、反撃に出た井山は左下黒との攻め合いに巧みに持ち込み、許を投了に追い込んだ。

 持ち時間各三時間のうち残りは両者とも一分。

 立会人の石田秀芳二十四世本因坊(71)は「右上は許八段が失敗した感じだったが、井山天元も右辺で打ち過ぎがあり、容易ならざる形勢に。しかし井山天元の白148(6十)が絶妙のタイミングで盛り返し、押し切った」と評した。

許家元八段(右)を破り、対局を振り返る井山裕太天元=18日午後、徳島市で

写真

◆通してうまく打てた

 <井山裕太天元の話> 白32(11五)は38が良かった。右下黒を取り切ってシノギ勝負に出たのはやり過ぎだったかも。白164(7五)とコウを仕掛けて打ちやすくできたと感じた。シリーズを通して、今の自分としてはうまく打てたと思う。

◆押された局面多かった

 <許家元八段の話> 右上の戦いは白30(12五)に切られて苦しくなった。黒47(13七)が悪かったと思う。白の大石を狙う展開となったが、周囲の黒も薄いので難しかった。五番勝負では押された局面が多く、この結果は仕方がない。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索