トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

囲碁の20歳芝野名人、最年少2冠に 井山から王座奪う

写真

 囲碁の第六十七期王座戦五番勝負の第四局は二十九日、愛知県蒲郡市で打たれ、挑戦者の芝野虎丸名人(20)=写真=が二百八十二手で井山裕太王座(30)に白番半目勝ちし、三勝一敗で王座を奪取、史上最年少の二十歳〇カ月で二冠となった。井山前王座は七年四カ月ぶりの三冠に後退した。

 芝野新王座は十月、張栩(ちょうう)九段(39)から名人を奪取し、最年少の十九歳十一カ月で七大タイトルを獲得して大きな注目を集めた。今回は第一人者の井山前王座との挑戦手合を制し、二冠保持の最年少記録を八年ぶりに更新した。これまでの記録は二〇一一年に井山前王座が達成した二十一歳十一カ月。芝野新王座は神奈川県出身、一四年にプロ入りした。

 井山前王座は一七年十月に二度目の全七冠を達成したが、一八年に碁聖と名人、今年、十段と王座を失い棋聖、本因坊、天元の三冠に後退した。天元戦は現在五番勝負を許家元八段(21)と争っており、一勝二敗でかど番になっている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索