トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段、最年少タイトル挑戦へあと1勝 王将戦で19日最終戦

久保利明九段(手前)に勝ち首位に並んだ藤井聡太七段

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市=が十四日、大阪市で指された「第六十九期王将戦」の挑戦者決定リーグで久保利明九段(44)に勝ち、四勝一敗で、首位の広瀬章人竜王(32)と並んだ。十九日にある首位対決に勝てば、屋敷伸之九段(47)が持つタイトル挑戦の最年少記録(十七歳十カ月)を塗り替える。

 久保九段は、藤井七段が一勝三敗と負け越している振り飛車戦法のスペシャリスト。この日は先手番の藤井七段が、中盤から徐々にリードを広げ、百五十七手までの長い戦いを危なげなく勝ちきった。

 対局後、藤井七段は「今まであと一勝で挑戦というところまでは来たことがなかったのでうれしい。ただ、最終戦が非常に大事なので、そこに向けてコンディションを整えたい」と意気込みを述べた。

 王将戦挑戦者決定リーグはトップ棋士ら七人が総当たりする。ともに首位の広瀬竜王と藤井七段は、最終日の十九日に東京で直接対決。その勝者が来年一月に始まる七番勝負で、タイトル保持者の渡辺明三冠(35)と戦う。藤井七段が挑戦者になった場合、十七歳五カ月で最年少記録を更新する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索