トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段が準決勝進出 王位戦予選

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市=が二十八日、大阪市の関西将棋会館であった「第六十一期王位戦」(中日新聞社主催)の予選トーナメントで西川和宏六段(33)に勝ち、準決勝に進出した。

 対局は西川六段が先手で三間飛車を選択。互いに堅く玉を囲うじっくりした展開だったが、終盤は一気に緊迫した攻め合いに。藤井七段が玉頭戦を制し、百十八手で競り勝った。

 藤井七段は準決勝で出口若武四段(24)と戦う。対局後、「最後まで際どかった。王位戦はまだ本戦リーグ入りしたことがないので、そこを目指して頑張る」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索