トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

芝野、初の10代名人 囲碁、七大タイトル最年少

10代で初めて七大タイトルを獲得した芝野虎丸さん=8日夜、静岡県熱海市で

写真

 囲碁の張栩(ちょうう)名人(39)に芝野虎丸(とらまる)八段(19)が挑戦していた第四十四期名人戦七番勝負の第五局は、七日から静岡県熱海市で打たれ、八日午後七時七分、芝野八段が二百五十二手までで白番中押し勝ちし、対戦成績四勝一敗で、史上初めて十代で名人を獲得した。

 七大タイトル全体で見ても、十九歳十一カ月での獲得は史上最年少。これまでの最年少記録は、井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=が二〇〇九年に名人を奪取したときの二十歳四カ月だった。プロ入りから五年一カ月での七大タイトル獲得も史上最速と、記録ずくめの快挙となった。

 対局後、芝野新名人は「無事終わって安心している。自分なんかが名人でいいのかな」と語った。

 芝野新名人は一九九九年、相模原市生まれ。現在は東京都内在住。二〇一四年、十四歳でプロ入り(初段)。一七年、竜星戦で優勝し、七段昇段。一八年には、日中竜星戦で世界最強とされる中国の柯潔(かけつ)九段を破り、日本勢として初優勝した。

 初の七大タイトル挑戦となった今シリーズは第一局に敗れたが、第二局から四連勝。名人獲得により九日付で、史上最年少での九段昇段も決まった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索