トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段黒星 王将戦本戦L、豊島名人に

感想戦で対局を振り返る豊島将之名人(右)と藤井聡太七段=7日、大阪市の関西将棋会館で

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(17)=愛知県瀬戸市=が七日、大阪市の関西将棋会館であった「第六十九期王将戦」の本戦リーグで豊島将之名人(29)=同県一宮市出身=に敗れた。両者が公式戦で対局するのは四度目で、藤井七段の四連敗となった。

 対局は豊島名人の先手番で、相掛かりの戦型になった。藤井七段は先に持ち時間を使い果たす苦しい展開となり、百七十一手までで投了した。対局後、豊島名人は「こちらは自然に対応した。形勢はよく分からなかった」。藤井七段は「常に苦しい局面が続き、勝負になる順を探した。(四連敗は)自分の足りないところが出た結果。改善してゆきたい」と話した。

 同リーグはトップ棋士ら七人が総当たりで戦い、優勝者がタイトル保持者の渡辺明三冠(35)に挑戦する。今回の結果を受け、豊島名人は通算で二勝一敗、藤井七段は一勝一敗となった。藤井七段は十八日の次戦で糸谷哲郎八段(31)と戦う。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索