トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

相掛かりの戦型に 王位戦第2局

王位戦第2局で初手を指す木村一基九段。右は豊島将之王位=30日午前、札幌市で

写真

 将棋の豊島将之王位(29)=名人=に木村一基九段(46)が挑戦する第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第二局が三十日午前九時、札幌市の京王プラザホテル札幌で始まった。

 豊島が連勝して初防衛へ前進するか、先手番の木村が一勝一敗のタイに戻すか。シリーズの流れを左右する重要な対局となる。

 定刻、立会人の島朗九段の合図で木村が2六歩と初手を指した。互いに飛車先の歩を伸ばす相掛かりの戦型に。木村は7四飛(二十一手目)と歩得を主張。一方、豊島は銀と桂を繰り出し、8六歩(三十二手目)と動いた。木村は横歩を取られないよう悪形ながら7七金(三十五手目)と受け、豊島が8一飛(三十六手目)と引いたところで昼食休憩に入った。島九段は「後手の豊島王位がジャブを繰り出してポイントを稼ごうとしている段階。木村九段の持ち前の受けでどう陣容をつくるか、互いに神経を使う将棋になりそうだ」と話した。

 持ち時間は各八時間。初日は午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の三十一日は午前九時に再開し、夜までに決着する見通し。対局の模様は中日新聞ホームページで伝えている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索