トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

藤井七段が準々決勝へ 竜王戦本戦

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(16)=愛知県瀬戸市=が五日、大阪市の関西将棋会館であった「第三十二期竜王戦」の本戦トーナメント三回戦で久保利明九段(43)に勝ち、準々決勝に駒を進めた。次戦は同県一宮市出身で、将棋界をリードしている豊島将之三冠(29)との注目の一戦となる。

 久保九段はタイトル獲得七期のトップ棋士。対局は持ち時間各五時間で、後手番の藤井七段が百八十四手で久保九段を投了させた。

 次の豊島三冠との対局は二十三日に関西将棋会館で指される。藤井七段は「タイトル挑戦はまだ意識する段階ではないが、豊島三冠と戦えるのが楽しみ」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索