トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

豊島、初防衛へ先勝 王位戦

 将棋の豊島将之王位(29)=名人、棋聖=に木村一基九段(46)が挑む第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第一局が四日、名古屋市東区の料亭「か茂免(もめ)」で指し継がれ、午後三時四十三分、九十九手までで先手番の豊島が勝ち、初防衛に向け好発進した。

 持ち時間各八時間のうち、残りは豊島三時間十四分、木村一分。第二局は三十、三十一の両日、札幌市の京王プラザホテル札幌で行われる。

 本局は、木村が豊島を横歩取りに誘導。しかし豊島は機敏な攻めで、中盤からリードを広げた。

 木村の封じ手6四歩(五十手目)は五十二分を費やした苦心の手だったが、優勢の豊島は2筋の歩を突き捨ててから、5四桂(七十一手目)と跳ね、最短の寄せを狙った。木村も4六歩(七十四手目)と反撃を試みたが及ばなかった。投了図以下、2二玉に3四金などから必至がかかる。

 立会人の杉本昌隆八段(50)は「本局は豊島王位の読みが光り、木村九段は持ち味を出せなかった。ただ、木村九段の勝負への執念は将棋界随一。先手番になる次戦以降、熱戦が見られるだろう」と話した。

◆3二竜から勝ち意識

 <豊島将之王位の話> 駒組み辺りは作戦。角と桂を手放して動いていったのはどうだったか。実戦は駒得になり指せるかと。3二竜(八十一手目)から寄せ形が見えて、勝ちを意識しました。

◆作戦がうまくいかず

 <木村一基九段の話> 一局を通じて私の方から動きにくい状況が続いたので、苦しかった。結果的には作戦がうまくいってなかったかな。うまく指されたように思います。

写真
写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索