トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

木村、先行のチャンス 王位戦第1局

豊島将之王位の先手で始まった王位戦7番勝負第1局。左は木村一基九段=3日午前9時、名古屋市東区の料亭「か茂免」で

写真

 将棋の豊島将之王位(29)=名人、棋聖=に木村一基九段(46)が挑戦する第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)が三日、名古屋市の料亭「か茂免(もめ)」で始まった。

 平成生まれの豊島王位は、同時期に行われている棋聖戦とともに初防衛を狙う。木村九段は初タイトル獲得の最年長記録が懸かる。

 振り駒で豊島が先手となり、定刻の午前九時、立会人の杉本昌隆八段(50)の合図で初手を「2六歩」と指した。豊島の3四飛(十五手目)で横歩取りの戦型になった。

 序盤は、木村が同じ後手番で羽生善治九段(48)に勝った挑戦者決定戦と同じ進行に。豊島は二十五手目で3六歩と手を変え、2八飛(二十九手目)、2九飛(三十三手目)と手損しつつもバランスを整えた。

 杉本八段は「木村九段が一手の得を生かして先行するチャンス。木村の攻め、豊島王位の受けという戦前の予想と逆の展開が見られそうだ」と話した。

 持ち時間は各八時間。初日は午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の四日は午前九時に再開し、夜までに決着する見通し。中日新聞ホームページで対局の様子を中継している。

写真
写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索