トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

三冠豊島に木村挑む 王位戦あす開幕

 将棋の豊島将之王位(29)=名人、棋聖=に木村一基九段(46)が挑む第六十期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)が三日、名古屋市の料亭「か茂免(もめ)」で開幕する。平成生まれの三冠王者が、悲願の初タイトルを目指すベテランを迎え撃つ。

 豊島王位は愛知県一宮市出身。昨年、菅井竜也七段から王位を奪取した。現在は将棋界で唯一の三冠保持者で、同時期に進む棋聖戦と併せて初防衛を目指す。

 一方の木村九段は千葉県四街道市出身。過去に六回タイトルに挑んだが、あと一歩及ばなかった。奪取すれば初タイトル獲得の最年長記録となる。

 立会人は杉本昌隆八段。持ち時間は各八時間で、初日は午前九時に始まり午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の四日は午前九時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局は中日新聞のホームページで中継する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索