トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

囲碁・将棋

永瀬七段が初タイトル

 将棋の第四期叡王戦七番勝負の第四局は十一日、広島県廿日市市で指され、挑戦者で後手の永瀬拓矢七段(26)が百三十二手で高見泰地叡王(25)を破り、四連勝で初タイトルとなる叡王を獲得した。

 永瀬新叡王は横浜市出身。二〇〇九年、十七歳でプロとなった。一二年、新人王戦と加古川青流戦で初優勝を飾った。タイトル挑戦は一六年の棋聖戦、一八年の棋王戦に続き、今回が三度目だった。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索