トップ > 岐阜 > 3月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

県、月末まで延長 催し自粛や施設の利用制限

 新型コロナウイルス感染症対策として、二十二日までとしていた県主催イベントの中止・延期や県施設の利用制限について、県はこれらの措置を三月末まで延長する。二十一日、発表した。

 二十六日の「空宙博写真コンテスト」(各務原市)や、二十七日の「ふれあい福祉マーケット」(岐阜市)、三十一日〜四月二日の「バレーボールフェスティバル」(同)などのイベントが予定されていたが、それぞれ中止となる。このほかの県主催または県施設を利用したイベントも、中止や延期、規模縮小となる見込み。

 県図書館は一部サービスの利用休止(館内閲覧禁止など)を続ける。県美術館や県博物館、アクア・トトぎふなどは開館するが、館内イベントは行わない。

 県は、四月以降の対応については状況や政府の要請などを踏まえ、改めて検討するという。

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索