トップ > 岐阜 > 1月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

節分へ赤鬼2体設置 岐阜「つり込み祭り」

国道沿いにお目見えした赤鬼像=岐阜市加納朝日町で

写真

 岐阜市加納天神町の寺院・玉性院で二月三日に開かれる「節分つり込み祭り」を知らせる七メートルの赤鬼像二体が十三日、近くの国道157号沿いに設置された。

 木や竹の骨組みを樹脂で覆って造った赤鬼像は、改良しながら毎年、使っている。祭り実行委員ら十数人がクレーンを使い、二カ所で設置作業をした。

 当日は正午から本堂で豆まきがあり、午後七時に赤鬼にふんした厄男と、福女にふんした厄女が御所車に乗って寺を出発。町内の厄を集めて戻る。

 今年の厄男は、新聞販売店主阿部純也さん(41)=岐阜市六条南、厄女は会社員村瀬幸美さん(31)=同市奥=が務める。実行委員長の武田健以知さん(61)は「みなさんの健康を願い、当日まで一生懸命頑張りたい」と話した。 

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索