トップ > 岐阜 > 12月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

キャンドルアートやイルミ点灯で華やぐ 大垣でイベント

「大手いこ井の泉」周辺を彩ったキャンドルアート=大垣市郭町で

写真

◆OKBストリート

 ろうそくや電飾の明かりで商店街通りを彩る「キャンドルナイト」が一日夜、「OKBストリート」の愛称で呼ばれる大垣市の郭町商店街アーケードで始まった。二十五日まで。

 大垣共立銀行と地元の商店街振興組合の企画。銀行本店前の樹木が電球で飾られ、郭町交差点の地下道は青色のイルミネーションで幻想的に演出している。

 道沿いのわき水「大手いこ井の泉」は、千個のキャンドルで冬らしい雪だるまやハートのマークが描かれ、ロマンチックな雰囲気が漂う。滋賀県立大の学生による「近江楽座あかりんちゅ」が手掛けており、代表の三年関しおりさん(21)は「家族連れで楽しんでもらいたい」と話した。

 一日夜は点灯式があり、東海地方で活動する洋楽シンガーKeiさんがクリスマス曲などで一帯を盛り上げた。

 (山本拓海)

◆大垣公園や駅周辺

 冬の大垣市中心市街地を市民手作りの電飾が彩る「城下町大垣イルミネーション」が十一月三十日、大垣公園や大垣駅周辺で始まった。二十五日まで、午後五〜九時に点灯する。

 駅前広場や歩道、木々などを二十万球の発光ダイオード(LED)が彩る。大垣公園は市民や中高生の作品が集まり、改元やラグビーワールドカップ、首里城の復興などをテーマにした三十一作品を展示。市民作品のコンテストでは、最高賞の市長賞に北中学校美術部の「祝令和 NEXT100」が選ばれた。

 三十日夕方は公園内で点灯式があり、カウントダウン後に明かりが一斉点灯。来場者は「きれい」と歓声を上げ、記念撮影を楽しんでいた。コンテストの表彰式や、北中吹奏楽部とジャズバンドのステージもあった。イルミネーションは地元自治会などによる実行委主催。

 (芝野享平)

改元を祝うイルミネーション作品=大垣市の大垣公園で

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索