トップ > 岐阜 > 11月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

各務原の魅力ギュッ カルビー、にんじんチップス開発

各務原にんじんチップス&ポテトしお味をPRする浅野市長(中)とカルビーの担当者=各務原市役所で

写真

 各務原市は、地域特産のニンジンから作ったオリジナル菓子「各務原にんじんチップス&ポテトしお味」を、ふるさと納税の返礼品に加えた。市内に工場がある縁で、スナックメーカーのカルビー(本社・東京)が初めて開発した返礼品の専用商品で、ご当地野菜のPRに役立てる。

 各務原のニンジンは、鮮やかな赤色と濃い甘みが特徴だ。風味や食感を生かすため厚めにスライスし、塩だけで味付けして甘みを引き立てた。

 カルビーの担当者によると、原材料の産地を打ち出した商品は珍しい。ニンジンの切り方や油の温度、揚げる時間の研究に一年ほどを費やしたといい、反響次第では一般向けの販売も検討するという。

 一袋二十六グラムで、パッケージは鵜沼地区のニンジン畑の風景をデザイン。返礼品は、にんじんチップス三袋と、カルビー各務原工場産のポテトチップスなど十一袋のスナックを詰め合わせた。限定六百セットを、市に一万円以上寄付した人に贈る。各種ポータルサイトで受け付け、来年二月中旬以降、順次発送する。

 浅野健司市長は「サクサクした食感が魅力的で、ニンジンが苦手な人でもおいしく食べられる。各務原を知ってもらうきっかけにしたい」と話した。

 (大山弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索