トップ > 岐阜 > 11月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

障害者、妊産婦らに「おもいやり駐車場」 県が制度開始

「おもいやり駐車場」制度の利用証=県提供

写真

 県は15日、障害者や妊産婦らを対象にした「ぎふ清流おもいやり駐車場利用証制度」を始める。既存の車いす使用者の駐車スペースとは別に、県内の文化・商業施設、病院などに利用証の交付を受けた人が乗る車が利用できる駐車区画を設ける。2023年度末までに官民で3000区画の設置を目指す。

 障害者、妊産婦(妊娠7カ月から産後3カ月)のほか、要介護2以上の高齢者、難病患者、歩行が困難なけが人らを想定。車いす使用者も駐車できる。県によると対象は18万人という。

 申請は受け付け中。認められれば、緑色の利用証が交付される。車のルームミラーなどに引っかけて使う。車いすを常時使っている人には、新たに別の青色の利用証が交付される。

 県有施設は、駐車スペースにおもいやり駐車場のマークを表示。スーパーやコンビニをはじめとした商業施設、病院や銀行には新制度向けの区画(幅2・5〜3・5メートル)の設置を依頼しており、目印のコーンを置いてもらう。9月末時点で県内に計1100区画分が確保できたという。

 同様の制度は既に全国37府県で導入されており、県境を越えて相互利用できる。

 06年施行のバリアフリー新法では、新築や増改築された一定規模以上の公共施設や商業施設に車いす使用者用の駐車スペース設置を義務付けている。利用するのに事前申請は不要で、車いすを使わない障害者らも駐車できる。ただ、県内で4000区画にとどまり、数が不足しているという。

「おもいやり駐車場」制度の駐車スペース=岐阜市内で(県提供)

写真

 また、健常者が駐車する不適切な例があることや、心臓や呼吸器の障害といった、見た目で障害者と分かりづらい人が利用しにくいのも課題とされてきた。

 「おもいやり制度」で、郵送での申請は県地域福祉課で受け付けている。同課や各県事務所などの窓口での受け付けは15日から。

 県の担当者は「障害者にとって駐車場が利用しやすくなると思う。健常者にも思いやりを持って駐車場を適正に使ってほしい」と話す。(問)県地域福祉課=058(272)8261

 (浜崎陽介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索