トップ > 岐阜 > 8月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

岐阜

台風10号で注意喚起 地方気象台「岐阜、西濃中心に大雨」

 台風10号は十五日夜から十六日未明にかけて、県内に最接近する見通し。岐阜地方気象台は「大型で動きが遅いため、接近時は警報級の大雨になる可能性がある。ピークは夜間なので早めの対応をお願いしたい」と警戒を呼び掛けている。

 気象台の担当者は十四日、県庁で自治体などの防災担当者向けに開いた説明会で「台風の接近とともに暖かく湿った空気が流れ込み、十五日夜以降は非常に激しい雨が持続する」と説明した。

 気象台によると岐阜、西濃地区を中心に大雨となり、二十四時間雨量は十六日正午までに、多いところで三〇〇〜五〇〇ミリが予想される。美濃、飛騨ともに一時間で六〇ミリの激しい雨が降る可能性がある。降雨のピークは十五日午後九時〜十六日午前零時ごろという。

 風速は強いところで一五メートル。土砂災害の危険が高まるほか、河川の水位の上昇にも警戒が必要になる。県は事前の備えや、市町村に早めの避難情報の発令を促している。

 (浜崎陽介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索